Home / 特選Usedハーレー / 回想録… / 販売〜製作〜納車までep / 1998y FLSTF
28 8月, 2016

回想録… / 販売〜製作〜納車までep / 1998y FLSTF

Posted in : 特選Usedハーレー on by : Posted by HaNa

US直輸入ハーレーのエボ車両、
98年式のファットボーイ。

 
_DSC7550
輸入時点のトータル走行距離は、驚きの1500マイル以下!キロメートルに直すと2,500キロ以下という車両を引っ張ってきました。
 
_DSC7605
 
_DSC7602
コンディションも驚くほど良く、ご当時モノのオプション品も多数。写真では伝わりにくいこのコンディション・・・! 
 
この車両を目の前にすると、まるで98年当時に戻って、新車を見ているかのような錯覚を起こす、そんな車両。多くのお客様からため息が漏れる事に…。素の車両のままでも、とっても魅力的です!
 
_DSC7660
店頭に置いてから間もなくご成約となりました!!
ツインカム車両からのお乗換えで、エボ車両を選んで頂きました。
 
カスタムしてからのご納車となります。
 
大きいところでは、やはりのコレ。
 
_DSC8225
トリプルワン / V111へのエンジンスワップ!
壊れていたから載せ替えたのではないですよ〜。
 
_DSC8730
排気量が1340から1820へと、500cc近く違うエンジンとの比較。
 
_DSC8732
エンジンの厚みが全然違う。冷却フィンが大幅に面積アップされている。クランクケースがそもそも大きく、これが重要すぎる。

_DSC8728
エボエンジンを「現代の流儀」で作ったら、こうなりましたとも見えてくる仕上がりが外観からも伝わる…。
 
エボ・エンジンは80年代の初頭、某日本メーカーが携わり完成したショベルエンジンの進化版。
 
そして、このトリプルワンは、ツインカム時代に生まれたエボリューションエンジンの進化版。

エボリューションエンジンにて信頼性を回復した80年代であって、
2010年代の今に生まれたこのエンジンは、確実な現代的な性能と機能を備え排気量も余裕でアップ。
 
もはや標準エボリューションとも比較できない信頼性を有している!
 
_DSC8239
ぼーん!とフレームに搭載。ここからは駆け足でいきなり完成の図。
 
 
 
_DSC7545
こちらが・・・ 
  
_DSC8926
こうなりました。
 
_DSC8930
マフラーも左右2本出し 2into2!
 
_DSC8928
トリプルワン・エンジンにて生み出される余裕の走りはオーナーさんご満悦!
 
_DSC8761
こちらのラゲッジラックも取り付けました!
 
_DSC8769
ネジで脱着可能とし、取り外してもイケるようになってます。
 
_DSC8931
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です